ヨガ八支則 2段階目ニヤマの規則「タパス」


八支則の「ニヤマ」は「個人的に、守るべき規則」で、その3つ目が「タパス」。
タパスは「苦行」や「修行」という意味です。

修行と聞くと、滝に打たれたり、ずっと座禅をし続けたり、断食したりといったことを想像しますよね。
ああいった修行は、「苦しみや辛さを乗り越える」ためにするのです。
でも、「タパス」は滝に打たれなさい、と言っているわけではありません。

 

「ヤマ(社会的にしてはいけない規則)」でお話ししたことを思い出してみてください。
「ヤマ」には嘘をつかないことや、清潔でいること、人に暴力を振るわないことなどがありました。これらの規則を守ろうとすると、痛みが伴います。

 

例えば、あなたが寝坊して、学校や会社に遅刻したとします。当然、先生や上司は怒ります。
遅刻の理由を聞かれたあなたは、寝坊したと言うともっと怒られると思い、「電車が遅れてしまって……」と嘘をついてしまいました。
先生や上司は「なんだ。それなら、しょうがないね」と怒りを鎮め、あなたは助かります。あなたは怒られるという辛い時間を避けたかった。早くその苦痛から解放されたい、と楽なほうを選んだから、嘘をついたのです。
人間はつい楽なほうを選ぼうとします。私たちの「心」が楽なほう、楽なほうへと引きつけられていくのは仕方がないことなのです。

 

もし、正直に「夜更かしして、寝坊しました」と言っていたらどうなるでしょう?
「たるんでる!」と先生や上司に怒られる。信頼を失うかもしれない。あなたにとって、すごく辛い時間です。
でも、敢えて辛い道を選んだあなたは、怒られる苦しみや信頼を失う辛さを知るのです。知ったからこそ、次に同じ失敗を繰り返さないためにはどうするか、を考えると思います。
きちんと目覚ましをかけて、夜は早く寝る――そういう努力をするのではないでしょうか。

 

ところが、遅刻して電車のせいにしたあなたは、先生や上司にも怒られなくて「ああ、よかった」と安心します。だから、次に遅刻したときも「すみません、電車が……」と言ってお説教から逃れようとします。
これを繰り返していると、先生や上司もあなたの嘘に気が付きます。
「あなたはどんな電車に乗っているの! そんなに遅れるわけがないでしょう!」と怒られるだけではなく、(この人は嘘つきだし、時間にルーズな人だ)と思われ、結局、正直に言ったとき以上に辛い状況に陥ってしまいます。

 

最初に正直に理由を言って、怒られ、信用を失う辛さに向き合っていれば、(この人は今日は遅刻したけど、正直な人だな)と思われたでしょう。
さらに、その後もあなたが遅刻しなければ、(遅刻しないように努力しているな)と認めてもらえたかもしれません。
痛みや苦しみを選ぶことであなたは成長し、一瞬の幸せや安心ではなく、その先にずっと残る幸せを勝ち取ることができるのです。
それが八支則で「タパス(苦行、修行)」を勧められる理由です。

 

滝に打たれなくても、あなたが修行すること――乗り越えるべき苦しみや痛みは日常にいくつもあります。
あなたがもし、今すごく幸せだと思っているなら、変化は望みませんよね? この幸せが変わってほしくない、と思うはずです。
反対に、あなたが痛みや苦しみを感じているなら、すぐに状況を変えたいと思うでしょう。
でも、【痛みや苦しみに直面するたびに逃げ続けるわけにはいかない】のです。
辛いとわかっていても、楽ではない道を選んでみてください。
目の前の辛さや苦しみを一つずつ乗り越えていけば、生きていることを実感するのではないでしょうか?
「タパス(修行)」は、ヨギー以外の人にもとても大事なことなのです。

 

yogi vini

 

2 Comments

  1. 宮本陽子
    • admin