ヨガビニ指導スタイル

全米ヨガアライアンスに認定の資格を持つ経験豊富なインストラクターたちがビギナーからアドバンスの方まで幅広く丁寧に指導致します。
ヨガビニはポーズを強制することはしません。生徒さんのペースで行うこと。そしてそのサポートを丁寧に深い理解につながるよう分かりやすいよう心掛けておりますので、多くの生徒さんからアジャストに対して高い評価をいただいております。みなさんの気づきのきっかけとなるよう、ヨガの知恵や哲学についてもクラスの中でご紹介していきます。各クラスは深いリラクゼーションに導く癒しのアロママッサージで穏やかに締めくくります。

ヨギビニ

 

ヨガビニ大阪代表 Yogi Vini

 

振り返ると、ヨガ探求の旅は、幼い頃に毎朝学校で行われるヨガのクラスが始まりでした。その時間は一切の内面的な意図を持たない、単に体を動かすエクササイズとして過ごしていました。時を経て、大学卒業後、日本企業で多忙な日々を過ごすようになり、その中で自身の内側にある幼い頃に培った、ヨガの意識・記憶を見い出したのです。

続きを読む


毎日の練習は、穏やかなエネルギーを与え、そして同時に生き方や自身に対して問いかける時間にもなりました。
本当の自分、本当の自分の魂はどこかに隠されていたことに気づきました。そこで仕事を辞め、母国であるインドを巡る、心の探求の旅をスタートさせました。
そして2012年インド・リシケシにヨガスタジオ「Yoga Vini」を、続いて、日本で縁があった地域である大阪に「ヨガビニ大阪」を開校しました。現在もリシケシと日本を行き来しながら、世界各国でワークショップを行っています。

元に戻す

Yasue

Yasue (Padmini)

 

ヨガビニ大阪校
インストラクターコースRYT2001期生

 

【プロフィール】
宿泊・移動を繰り返すサービス業を経験していた頃、仕事とプライベートの両立に悩み、癒しを求めヨガに出会う。その後、ヨガを深めたいと思い立ち、ヨガビニに出会う。TTCに専念中、スタッフとしてスタジオ運営にも携わり、知識だけでなく人として成長し続けることも学び、現在に至る。

続きを読む


【自分にとってヨガとは】
日々の暮らしの中で、良いこと、悪いことのものさしをつけることができます。スポーツやエクササイズとは違うもので、生き方そのもの。必要以上に抱え込んでしまっているものや感情までも優しく洗い流して、軽さを感じさせてくれます。私にとってヨガの力は、家族への愛みたいに無限大です。

 

【どんなクラスにしたいか】
難しい言葉を使わず、分かりやすくしたいです。静けさや、ほどよい緊張感の中で集中して頂きながらも、家族が集まるような愛ある空間を保ち続けたいと思います。

元に戻す

instractor Kana

Kana

 

ヨガビニ大阪校
インストラクターコースRYT200修了

 

【プロフィール】
幼少に習い始めたクラシックバレエをきっかけに、高校・大学では歌やクラシック音楽を、大学卒業後にはダンスを学ぶ。ダンスの上達のために始めたヨガを始めるが、筋力や柔軟性の向上に留まらないヨガの良さに気づき、深く学ぶようになる。ヨガビニ大阪にてRYT200修了。

続きを読む


【自分にとってヨガとは】
注意力散漫なときには一点に集中を、1つのことにがんじがらめになっている時には視野を広げてくれる。ヨガは私にとって、身体を整えてくれるだけではなく、心の支えになってくれています。

 

【どんなクラスにしたいか】
歌やダンスを学ぶ中で、上手になりたい頑張り屋さんほど、身体を壊したり心を壊したり。「そんなに頑張らなくても大丈夫なんだな。」と肩の力を抜いてもらえるような、そんなクラスになれば嬉しいです。

元に戻す

makiko

Makiko (Anuradha)

 

ヨガビニ大阪校
インストラクターコースRYT2005期生

 

【プロフィール】
長年フラをしていましたが新たに始めたバドミントンで右膝を負傷し手術する事に。手術後リハビリの為に始めたヨガに魅了されヨガをもっと深めたいと思い、学べる場所を探していてヨガビニに辿り着く。ヨガ(ヨガビニ)に出逢う為の怪我だったのかな?
転んでもタダでは起きません(笑)

続きを読む

ビニ先生のパワーに惹き寄せられ、その教えを引き継ぎたくヨガビニのスタッフとして現在に至ります。

【自分にとってヨガとは】
身体や心を健やかにするものであり、またその膨大な教えから人生を真理に導いてくれる先生。見えない大きな力に護られていると強く信じている私ですが、繋ぐという意味の通り、私と私を取り囲む全てのものとの繋がりの大切さを更に教えてくれています。

 

【どんなクラスにしたいか】
心地良く分かり易くリードする事で生徒さんが自分にしっかり集中出来て、ご自身に色んな気付きを感じられるクラスにしていきたいです。

元に戻す

kazuma

Kazuma (Kailash)

 

ヨガビニリシケシ校
インストラクターコースRYT200修了

 

【プロフィール】
難波生まれ難波育ちのシティボーイ。マインドフルネスヨガのクラスを担当。瞑想に興味を持ったきっかけは小学生の時にテレビで見たケイン・コスギの瞑想している姿。20代前半から気まぐれに瞑想を続けていて、今年行った10日間の瞑想合宿にて瞑想の効果を再確認。

続きを読む


【自分にとってヨガとは】
エクササイズを越えて精神性を鍛えれる素敵なライフスタイル。身体の感覚を研ぎ澄まして、そこから心も穏やかに健やかに育てていけるのがヨガの好きなところです。身体について知ることで、日常の動作も変わってきているのを感じます。

 

【どんなクラスにしたいか】
日常あまり意識しない呼吸に焦点を当てながらのアーサナを中心にして、ヨガの呼吸法や瞑想で集中力や穏やかさをは育み、みなさんが1%でも楽に、穏やかに生きていけるお手伝いができればと思います。

元に戻す

インストラクターSaki

Saki (Sadhui)

 

ヨガビニリシケシ校
インストラクターコースRYT200修了

 

【プロフィール】
‪島根のド田舎育ち。システム会社在籍中には全国を飛び回りやりがいを感じていたものの、ふと日々大切な何かが失われていく感覚に。そんな時ビニ先生と出会い、迷わずインド リシケシでのヨガビニTTCに参加。「深く生きる」ことを肌で感じ、

続きを読む

すべての出会いに感謝しながら邁進中!‬

【自分にとってヨガとは】
自分に気付きをくれるもの。自分の弱さ、心の傷、心地よさ、心と体を丁寧に見つめることができたら、人の心も優しく大事にすることができるようになりました。身の回りにある小さな幸せに気付かせてくれるものですね。

 

【どんなクラスにしたいか】
‪呼吸とともに、体をあたため、心を整える。終わったあとに、一人一人が少しだけ優しい顔になれるようなクラスを、みなさんと一緒に作っていきたいです。心に響くヨガを。‬

元に戻す

instructor-yoko

Yoko

 

ヨガビニ大阪校
インストラクターコースRYT200 6期生

 

【プロフィール】
専業主婦を10数年、その後会社勤めを7年ほどしました。その頃にヨガとの出会いがありました。
3人の子供が巣立ったと同時にTTCを受講し、ヨガの奥深さを知り、新たな人生へと歩み始めました。

続きを読む


【自分にとってヨガとは】
他人と比べることなく、自分自身を見つめながら、身体を鍛えて体幹を整えていくこと、同時に心も健康にし元気にしていけること。上辺だけでなく本当の意味での優しさや暖かさを持ち、心穏やかに1日1日を大切に生きていくこと。

 

【どんなクラスにしたいか】
75分という大事な時間を楽しく過ごし、また汗をかき、そして、最後には身体も心も優し
さに包まれていく…そんな時間を一緒に共有できればと思います。

元に戻す

sanae

Sanae(Somya)

 

ヨガビニリシケシ校
インストラクターコースRYT200修了

 

【プロフィール】
バックオフィス業務を担当。2017年3月に12年間の東京での会社員生活に区切りをつけ、翌月からインド リシケシにてヨガビニTTCを受講。それまで続けていたヨガとは全く違う本質的なヨガに出逢い、

続きを読む

その気づきからライフスタイルを一新。大阪へ拠点を移し現在に至る。出身は北海道。

 

【自分にとってヨガとは】
始めた頃は体を動かすことだけが目的でした。しかし、体と思考の歪みを自覚していた当時、勝敗を競うことや評価される必要がないヨガの在り方に魅せられていきました。体の姿勢を正すことで思考が正され、他人との関係性や自然との調和を保つ強さに繋がっていることを学ぶ。ヨガは生きる知恵を学ぶ道です。

 

【どんなクラスにしたいか】
体の不調や故障や劣等感もギフトと思えるような温かい空間であるように、裏方として努めていきます。

元に戻す

 

インストラクター養成コース 特別講師

 

講師 辻井洋一郎
 

特別講師 辻井洋一郎
TTC 解剖学・生理学担当

 

医学博士。日本で最初に設立された理学療法士学校を卒業後、日本、アメリカ、カナダの病院で勤務。その間、渡英し、脳卒中や脳性麻痺の治療法を学ぶ。

続きを読む

カナダに帰国後、臨床応用するも治療効果に満足できず、現在の「マイオセラピー」の基礎となるマニュアル・セラピーを修学し、日本に帰国後、国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院、名古屋大学医学部保健学科や帝京平成大学健康メディカル学部を開設。
その間、マニュアル・セラピーの理論的構築とその臨床応用を実施。同時に、日本マイオセラピー協会長、マイオセラピー研究所長、マイオセラピーセンター六本木センター長を務め現在に至る。
学会活動として、カナダ理学療法士協会、日本疼痛学会、国際疼痛学会、日本生理学会などに所属。現在、さらなるマイオセラピーの学術的研鑽に努めている。
著書「マイオセラピー」、 理学療法ハンドブック[改訂第4版]など他多数。

元に戻す