ヨガの道

幸せと不幸、お互いの存在を感じることが大事だ、とお話しました。
実はヨガの道――修行においては、更に一歩進んだことを求められます。

それは、幸せと不幸を感じたあと、自分を変化させないということです。

 

不幸なことがあっても泣かない。
幸せなことがあっても笑わない。

どんな状況にあっても、感情を大きく揺さぶられないこと。

これが、ブッダも目指したとされるヨガの道なのです。

ヨガには”スシュムナ”という言葉があります。

あらゆる物事を陰と陽の二つに分ける、「陰陽」という思想がありますが、「スシュムナ」は陰でも陽でもない、その中間の部分のことを言います。
陰にも陽にも傾かない。どちらかだけを味わうのではない。スシュムナに入ることが、ヨガの道なのです。

私・Viniもまだその状態には達していません。
達してはいませんが、何か感情の揺らぎがあったとき、「自分はどうしてこう感じたのだろう」「この人はなぜ、こう思ったのだろう」と考えるようにしています。

考えて考えて…そういうことなのか、という気づきを得ること――それも私にとってはヨガの道、修行であり、生きるということなのです。

 

yogi vini