ヨガのコアって何?【体・気・心の3つのコア】

今日のテーマ
ヨガの「コア」ってなんだろう?【体・気・心の3つのコア】

今日のテーマはコアについてです。

ヨガで「コア」、と聞くと、多くの方は筋肉や体幹を鍛えることが浮かぶことと思います。

筋肉のコア、体幹などについてはすでに研究が進んでいるので、コアと聞いた瞬間、よく耳にする筋肉のことを思い浮かべてしまうのは当然とも言えます。

ここで説明していくヨガの「コア」とは、どちらかに偏ってしまった自分を中心に近づけてくれるもの。それは体のことだけではありません。

ヨガは
あなたの魂がやどる物体(=体) と 
エネルギーを循環させる呼吸(=気) と 
あなた自身そのもの(=心) 
の3つを一つに結びつけることであり、この3つすべてがコアなのです。

ヨガのコアのバランス

ヨガの体のコアとは?

まずはヨガの体のコアについて説明します。

日常生活で様々な動きをしますね。みなさんが無意識にとっているその姿勢は何年もの長い年月の中で体にクセとして残った状態でどちらかに傾いてしまいます。

例えば、猫背ぎみの方は前屈のポーズが苦手な傾向にあります。その原因として、背骨が丸く湾曲した状態を体が「楽な姿勢」と認識して日常的にとっているからです。
本来の背骨の自然なS字カーブよりバランスが悪い状態を保つことでクセとして残ってしまうのです。

それと同様なことが体の様々な場所で起こります。このバランスが悪くなった状態を、なるべく中心のバランスのとれた状態から離れてしまわないようにする力を、体のコアと言います。

ヨガの気のコアとは?

体だけでなく、エネルギーを循環させる呼吸も、バランスを崩しどちらかに傾いてしまうことがあります。
あなたが普段の生活の中で無意識に行う呼吸。それはヨガにおいては体と心をつなげる橋のようなイメージです。

たとえば、気が左側に傾けば月のエネルギー、右側に傾けば太陽のエネルギーが強くなります。
その気の傾きを、できるだけどちらかだけに偏らないように中心に取り戻す力を、気のコアと言います。
月と太陽のエネルギーについてはまた別の機会にお話しますね。
太陽と月

ヨガの心のコアとは?

もうひとつが、心のコアです。

たとえば、私たちのだれもが幸せが欲しい、不幸から逃げたいと願います。
またこの人が好き、この人が嫌い、という風に心が偏ります。
それは、心のブレです。
ブレてしまった心をどちらにも傾かない状態=中心に取り戻す力を、心のコアと言います。

あなたが必死に不幸から逃れようと追い求めるその「幸せ」とはなんでしょう。その人を「嫌い」と思うのはなぜでしょう。
親として、夫や妻として、恋人として、社会人として、男性や女性として、あなたが人生を送る上で必要なこの“肩書き”を取り除いたあなた自身は何を一番望むのでしょうか。それは中心に戻ったあなた自身しか見つけることができません。

ヨガにおいて、”気付き”が大切だと他の動画でもお伝えしてきましたね。
私たちにとって最も気付きの得られる瞬間、それは、あいだの道、バランスのとれた中心にいる状態です。

体も、気も、心も、中心に保つことこそがヨガの修行なのです。
中心の状態をキープしてバランスのとれた状態、そこから生まれた気付き、さらにその気付きから生まれる知識が、次の成長の土台となっていきます。
そのために、コアが必要です。
体・気・心を中心に整える力、それがコアなのです。

コアを理解してヨガをおこなっていくと、自分自身の心のブレや気のブレにも、より気付きやすくなるでしょう。
心のバランス
次は体のコアについてもう少し詳しく説明したいと思います。
どうぞお楽しみに。