ヨガの言葉「アハム・ブラフマースミ」

 

 

「いいことをしたから、神さまが願いを叶えてくれた」
「悪いことをしたから、神さまがバツを与えた」と言う人がいます。

でも、ヨガの哲学では、すべては【自分の行動が引き起こした結果】なのです。
神さまは私たちを見守っているだけなのです。

 

寺や神社に行くと、
「ここでは神さま・仏さまが見ているから悪いことはできない」と思う人が多いようですね。

でも、ヨガの哲学ではこう考えます。
「神さまはすべてのものの中にある。
我々の中にも、動物の中にも——あらゆるものの中にある。」と。

 

 

【アハム・ブラフマースミ】という言葉があります。

「私がすべて、すべてが私」という意味で、自分(自我)をなくし、空間に混ざった状態を言います。
自我をなくして、もともとすべてが神なのだと理解すること……それがヨガを極めた状態です。

 

自我をなくすということは簡単なことではありません。
ヨガを学んでいくと、いつか気づくことができるかもしれません。

 

ヨガは、自分が自分を自然と守り、背負っているものから解放する手助けをしてくれるのです。

yogi vini