太陽礼拝 山のポーズ タダーサナ

今日のテーマ
太陽礼拝 山のポーズ タダーサナ

太陽礼拝は、いくつかの決まったポーズから成っています。
ひとつひとつのアーサナには太陽神が宿り、祈りのマントラがあり、効果や意味があります。
ただ見よう見まねで体を動かすのではなく、体─呼吸─心 の繋がりを感じながら、ひとつひとつのアーサナを丁寧に行っていくことが大切です。

タダーサナ(Tadasana)
【マントラ】Om Mitraya Namaha ミットラーヤナマハ
Salutations to the friend of all.
意味:
全てのものを親愛する者「ミットラ=友達」へ捧げる。太陽がみんなを守ってくれている。この世の全ての友、みんなに、太陽に合掌。

太陽礼拝 タダーサナってどんなアーサナ?

太陽礼拝の基本ポーズであり、最もシンプルかつ最も難しいアーサナと言われているのがこのタダーサナ(Tadasana)。

タダーサナは英語表記でMountain pose、山のポーズと呼ばれる通り、どっしりとした山のように立つポーズです。

ただ立っているだけに見えますが、このアーサナをするだけであなたのクセが丸わかりなのです。

ひとつの小さな歪みが体全体のバランスを崩し、クセとして定着することを防ぐために、タダーサナのポイントをひとつひとつ意識して、自分のクセに気付いていくことが重要です。

太陽礼拝 タダーサナの間違いやすい例

ビギナーの方で間違いやすい姿勢は以下の通りです。あなたは大丈夫ですか?ひとつひとつチェックしてみましょう。

足幅が広すぎる、または狭すぎる

タダーサナの悪い例脚幅が広い

おしりがうしろに突き出し、腰のカーブが大きくなる

タダーサナの悪い例腰のカーブが多い

背中が丸まって猫背になってしまう

タダーサナの悪い例猫背

肩が前にきてしまう

タダーサナの悪い例肩が前

顎が上がりすぎたり、下がりすぎたりしている

タダーサナの悪い例あごが上下

太陽礼拝 タダーサナのポイント

足はおしり幅に開き、左右の足を平行にそろえよう!

足おしり幅

足裏4点に均等に体重を乗せよう!

足裏のポイント
1.親指の付け根 2.小指の付け根 3.かかとの内側 4.かかとの外側

足裏4点

内ももを引き締めて、膝を伸ばそう!

膝伸ばす

おしりの穴をキュッと引き締めて、尾骨を地面の方へ向けるように意識しよう!
※この時、恥骨が前に出ないようにしよう。

おしりの穴引き締め

おへそに力を入れて、背骨の方へ近付けようとしよう!

おへそに力入れる

胸の真ん中(みぞおち)に力を入れて、肋骨をそのまま上へと引き上げよう!
※胸を張るのではなく、肋骨の間を引き締めたままで上へ引き上げるように意識しよう。

肋骨引き上げる

肩から力を抜こう!

肩を回す

ワキをうしろから締めよう!

ワキ締める

顎は地面と並行に、頭のてっぺんは天井へ引っ張られているように伸ばそう!

頭のてっぺん伸ばす

太陽礼拝 タダーサナで自分の身体のクセに気付こう

タダーサナは太陽礼拝の一部ですが、このアーサナだけを練習することでも大きな効果が期待できます。

ひとつひとつを完全に意識して、ただ立って呼吸を繰り返すだけで、自分の体を中心に整えることがいかに難しいか分かるでしょう。

初めは苦しいかも知れません。
いつもの楽な姿勢に逃げたくなるかも知れません。
しかし、歪んだ姿勢を続けることは、数年後、もしかしたら数日後に、あなたの体に痛みとなって現れるかもしれません。

タダーサナは、自分自身の体の弱い部分やクセに気付くチャンスをくれるのです。