ヨガ上達のコツ☆胸を正しく引き上げよう

今日のテーマ
ヨガ上達のコツ☆胸を正しく引き上げよう

今日は、ヨガで意識してほしい”胸を引き上げる”というコツについて解説していきます。
このコツを理解することで、ヨガの効果をより深めていくことができます。

胸を引き上げるってなんだろう?

ななめに引き上げる

胸を引き上げる、というのは、胸を開くことではありません。
肋骨を前から締めるように胸の真ん中、つまりみぞおちの部分に力を入れます。
そして、前ではなくて、斜め上の方向に胸を引き上げていきましょう。
肋骨を丸ごと上に引き上げている感覚です。

アーチバックのポーズを例にコツを理解しよう!

両手をあげる

ゆっくりと両手を上げていきます。
この時に、胸を開くのではなく肋骨を前から引き締めて、みぞおちに力を入れていきます。

前ではなく、斜め上の方向に胸を引き上げようとして、肋骨丸ごと上に引き上げていきましょう。

アーチバック

そのまま肋骨を締めたまま、胸を開かないようにしながら、ゆっくりと両手をうしろへ伸ばしていきましょう。
みぞおちに力を入れて、胸を斜め上の方に引き上げていきます。

みなさんも一緒に動画を見ながらやってみましょう!

この胸を引き上げるというコツは、特に後屈のポーズの時に意識してほしいポイントです。

まとめ

腰や背骨をいためないように守る働きがありますので、少しずつ練習して感覚をつかんでいきましょう。