ヨガ上達のコツ☆肩を耳からはなそう

今日のテーマ
ヨガ上達のコツ☆肩を耳からはなそう

肩を耳からはなすをマスターしよう

背筋を延ばして行うポーズ。背中だけ伸ばしていませんか?背中の肩甲骨、それに連動する肩、そして首、頭 この4つを意識して”肩を耳からはなす”というコツを解説していきます。
このコツを理解することで、ヨガの効果をより深めていくことができます。

首裏を伸ばす

肩を耳からはなすというのはどういうことかと言うと、まずは頭のてっぺんを上の方に高くのばしたままで、肩を下の方に下げて、それとは反対に耳を上の方に引き上げていき、肩甲骨を下ろすことで肩と耳の距離を離していくということです。

コブラのポーズでこのコツを少しずつ理解していきましょう!

コブラ

まずは頭のてっぺんをのばして、肩と耳の距離を離していき、肩甲骨をおしりの方に下ろしていきましょう。
そのままキープしたまま、ゆっくりと上半身を持ち上げていきましょう。
肩と耳が詰まらないように注意します。

コツが掴めましたか?
みなさんも一緒に動画を見ながらやってみましょう!

この肩と耳をはなすというコツは、ヨガのいろいろなポーズで応用できます。
ぜひ、意識してみてくださいね。