Category: ヨガ上達のコツ編

太陽礼拝上達のコツ 坐骨に注目! 正しい前屈と後屈

今日のテーマ 太陽礼拝上達のコツ 坐骨に注目! 正しい前屈と後屈 今日は正しい前屈と後屈について説明していきます。 ヨガをしていると、前屈や後屈の動きがたくさんありますよね。 太陽礼拝で前屈と後屈をする時に意識してほしいポイント 太陽礼拝の前屈と後屈のポイントは実は 坐骨とは、おしりの左右にある、地面に座った時にゴリゴリと当たる2つの骨のことです。 この坐骨をどう動かして行くのかというと、です。 ということです。 ということです。 また、お尻の骨から膝裏へと繋がっている太もも裏の筋肉がありますが、坐骨を上げるとこの筋肉は引っ張られて伸びます。 坐骨を下げるとこの太もも裏の筋肉は縮みます。 つまり、 坐骨を上げる=坐骨と膝裏の距離が遠くなる 坐骨を下げる=坐骨と膝裏の距離が近くなる と言えますね。 このことを理解したうえで、前屈と後屈をやってみましょう。 太陽礼拝では坐骨を意識して前屈をやってみよう! 前屈をする時は、が大切です。 間違えやすい例として、坐骨を下げたまま上半身だけで前屈をしようとすると、腰から曲がってしまって背骨を痛める原因となってしまいます。 坐骨を上げて、坐骨と膝裏との距離を離そうとすることで、、正しい前屈の効果を得ることができます。 太陽礼拝では坐骨を意識して後屈をやってみよう! 後屈をする時は、が大切です。 間違えやすい例として、坐骨を上げたまま後屈をすると、背骨に負担がかかり、体重を安全に支えることができなくなってしまいます。 坐骨をしっかりと下げて、いきましょう。 正しい前屈と後屈のポイントを理解して、よりアーサナの効果を感じていきましょう!

太陽礼拝のコツ 足首をまっすぐでキープしよう!

今日のテーマ 太陽礼拝のコツ 足首をまっすぐでキープしよう! 今日は、ヨガをする時に意識したい、足首のコアについて説明していきます。 足首のコアってなんだろう? “足首のコア”とは、のことを言います。 私たちは無意識に、足首を内側や外側に落として立っていることがあります。 足首を、外側や内側に倒さずに、まっすぐキープしたままで体を動かしていくことで、足首のコアを鍛えていくことができます。 太陽礼拝の足首のクセに気付くトレーニング それでは最初に、足首のクセに気付くためのトレーニングをやってみましょう! みなさんも、立って一緒にやってみてくださいね。 使うもの:ブリック(なければ、バスタオルなどを丸めたもので代用) それではまず、足をおしり幅で開いていきましょう。 ブリック(なければバスタオルなどを丸めたもの)を太ももの間に挟んでいきましょう。 こうすることで、下半身をしっかり固定することができます。 そのままで、体を左右にゆっくりねじっていきましょう。 足首を意識せずにこの動きを行うと、足首が左右に落ちてしまいますね。 足首を使って体をねじってしまうことで、股関節が正しく動かせず、動きが小さくなってしまいます。 そして股関節の柔軟性がなくなってしまうと、それ以上に足首で無理に動こうとしてしまい、足首を痛める原因になってしまいます。 足首をロックできないと、ポーズを深めていくことができないのです。 太陽礼拝で足首をロックするためには? 足首をしっかりとロックするためには、体重を足裏でコントロールすることが大切になります。 みなさんもやってみましょう! そのまま、足首をまっすぐキープしたままで、もう一度ゆっくりと体を左右にねじってみましょう。 どうでしょうか? 足首のコアを感じられたと思います。 少しずつ、こうして足首のコアを感じて、鍛えていきましょう! 太陽礼拝のアーチバックをやってみよう! それでは、足首のコアを意識してアーチバックを練習してみましょう! …

太陽礼拝のコツ 足裏4点のバランスのとり方

今日のテーマ 太陽礼拝のコツ 足裏4点のバランスのとり方 今回は、ヨガをする時に意識したい、足裏の感じ方について説明していきます。 私たちの体を支えてくれている足の裏。普段、なかなか意識することが少ないのではないでしょうか。 みなさんも一緒に立って足の裏を感じてみましょう 右足、左足、つま先、かかと、内側、外側・・・ どこに1番自分の体重が感じられましたか? 丁寧に、感じていきましょう。 太陽礼拝で足裏のポイントは4点あります 親指の付け根 小指の付け根 かかとの内側 かかとの外側 内側だけ、外側だけ、または前側だけ、後ろ側だけ。 どちらかだけに傾いても、正しくありません。 この足裏のバランスは、ことに気付いていましたか? みなさんも、一緒に立ってやってみましょう! 太陽礼拝で後屈する時の足裏のバランスは? たとえば、なります。 この時、足裏のバランスは、外側、つまりなっていきます。 このバランスを整えるために、力を入れようと意識してみましょう。 足裏のバランスが整って、無理のない安全な後屈ができるようになります。 太陽礼拝で前屈する時の足裏のバランスは? たとえば、前屈をする時は、先程とは反対に、のです。 この時、足裏のバランスは、内側、つまりなっていきます。 このバランスを整えるために、今度はのところに力を入れようと意識してみましょう。 この足裏の使い方をマスターすることで、立っている時の体のバランスが整ってゆくのです。

ヨガ上達のコツ☆胸を正しく引き上げよう

今日のテーマヨガ上達のコツ☆胸を正しく引き上げよう 今日は、ヨガで意識してほしい”胸を引き上げる”というコツについて解説していきます。 このコツを理解することで、ヨガの効果をより深めていくことができます。 胸を引き上げるってなんだろう? 胸を引き上げる、というのは、胸を開くことではありません。 肋骨を前から締めるように胸の真ん中、つまりみぞおちの部分に力を入れます。 そして、前ではなくて、斜め上の方向に胸を引き上げていきましょう。 肋骨を丸ごと上に引き上げている感覚です。 アーチバックのポーズを例にコツを理解しよう! ゆっくりと両手を上げていきます。 この時に、胸を開くのではなく肋骨を前から引き締めて、みぞおちに力を入れていきます。 前ではなく、斜め上の方向に胸を引き上げようとして、肋骨丸ごと上に引き上げていきましょう。 そのまま肋骨を締めたまま、胸を開かないようにしながら、ゆっくりと両手をうしろへ伸ばしていきましょう。 みぞおちに力を入れて、胸を斜め上の方に引き上げていきます。 みなさんも一緒に動画を見ながらやってみましょう! この胸を引き上げるというコツは、特に後屈のポーズの時に意識してほしいポイントです。 腰や背骨をいためないように守る働きがありますので、少しずつ練習して感覚をつかんでいきましょう。

ヨガ上達のコツ☆肩を耳からはなそう

今日のテーマヨガ上達のコツ☆肩を耳からはなそう 肩を耳からはなすをマスターしよう 背筋を延ばして行うポーズ。背中だけ伸ばしていませんか?背中の肩甲骨、それに連動する肩、そして首、頭 この4つを意識して”肩を耳からはなす”というコツを解説していきます。 このコツを理解することで、ヨガの効果をより深めていくことができます。 肩を耳からはなすというのはどういうことかと言うと、まずは頭のてっぺんを上の方に高くのばしたままで、肩を下の方に下げて、それとは反対に耳を上の方に引き上げていき、肩甲骨を下ろすことで肩と耳の距離を離していくということです。 コブラのポーズでこのコツを少しずつ理解していきましょう! まずは頭のてっぺんをのばして、肩と耳の距離を離していき、肩甲骨をおしりの方に下ろしていきましょう。 そのままキープしたまま、ゆっくりと上半身を持ち上げていきましょう。 肩と耳が詰まらないように注意します。 コツが掴めましたか? みなさんも一緒に動画を見ながらやってみましょう! この肩と耳をはなすというコツは、ヨガのいろいろなポーズで応用できます。 ぜひ、意識してみてくださいね。