Category: ヨガってなに?

太陽礼拝のアーサナをして心を強くしよう

今日のテーマ 太陽礼拝のアーサナをして心を強くしよう 今日はアーサナと心の結びつきについて説明したいと思います。 一般的に、みなさんがヨガのスタジオで習うポーズのことをアーサナと呼ぶことが多いでしょう。 アーサナ(आसन, āsana)とはサンスクリット語での本来の意味は「止まる」ということ それは「努力せず、無理をせず、自然な状態で静かに安定していること。」この状態を手に入れるには身体の安定だけではなく、心にも安定した静けさが必要です。どんな感情も持たずに心を動かさない。それがヨガの目指すところです。 ヨガではなぜ無理をせずに止まることが大切なの? 私たちは、ヨガを通して色々なことに気付いていくことができます。 体のこと、呼吸のこと、心のこと・・・ひとつひとつの気付きをどんどん深めて、さらに次の気付きの土台としていくことができるのです。   たとえば、道端に咲いていたキレイな花を見つけたとしましょう。 「あ、あの花がキレイだね」 そこで歩いていた足を止め、一瞬でも立ち止まってゆっくり観察することができたなら、あなたはその花の美しさを知ることができます。その立ち止まる時間が少しでも長くなれば、パッと一瞬見るだけよりも、形、色、香りなどさまざまなことに気付くことができるでしょう。   同様に、私たちが”生きる”ということに気付くためには、ちょっとだけ止まることが必要です。「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…」そんな忙しい毎日の中で、一度、止まってみましょう。「止まる」ということから動いていては見えなかった「生きる」 ということに初めて気付くことができるのです。 ヨガで心も身体も「止める」ことからたくさんの発見を たとえその気付いたことが、不幸なことであっても、幸せなことであっても、嬉しいことであっても、嫌なことであっても、そのすべてが「生きる」ということです。心が落ち着いた状態で何の偏見や固定概念も持たずにただ止まり、どんなことでもひとつひとつ気付いていくことが、アーサナを練習するひとつの目的です。 ヨガのポーズにたくさんのアーサナがあるのはなぜ? ヨガの中には○○アーサナという「アーサナ」が名前につくたくさんのポーズがあります。なぜアーサナはいろいろな形をとっているのでしょうか?   ヒトの身体は一本の長い背骨(脊柱)につながる骨に内臓が守られ、沢山の筋肉や腱が動きをサポートしています。いわば背骨はヒトの大黒柱とも言えるでしょう。 その長い背骨は重力の影響で、またあなたが常日頃無意識にとっている姿勢の影響で自然なS字カーブから崩れ、前後にもしくは左右にアンバランスな状態になってしまっています。自分の背骨がどのような状況なのか、まずそのクセを知ることが大切です。そしてあなたのクセの状況に最も必要なアーサナを選んで、そのポーズを繰り返し練習していくことで、少しずつ、長い時間止まることができる身体を作っていくことができます。 ヨガをするときはあなたのクセにあった方法を選ぼう たとえば、 反り腰のクセがある方は: 前屈をする時に少しだけおへそに力を入れることを意識してみましょう。 意識しておへそに力を入れられるようになっていくと、長い時間立っていても腰を反らせることなく背骨をまっすぐキープすることができるようちなります。 …

ヨガのコアって何?【体・気・心の3つのコア】

今日のテーマ ヨガの「コア」ってなんだろう?【体・気・心の3つのコア】 今日のテーマはコアについてです。 ヨガで「コア」、と聞くと、多くの方は筋肉や体幹を鍛えることが浮かぶことと思います。 筋肉のコア、体幹などについてはすでに研究が進んでいるので、コアと聞いた瞬間、よく耳にする筋肉のことを思い浮かべてしまうのは当然とも言えます。 ここで説明していくヨガの「コア」とは、どちらかに偏ってしまった自分を中心に近づけてくれるもの。それは体のことだけではありません。 ヨガは あなたの魂がやどる物体(=体) と  エネルギーを循環させる呼吸(=気) と  あなた自身そのもの(=心)  の3つを一つに結びつけることであり、この3つすべてがコアなのです。 ヨガの体のコアとは? まずはヨガの体のコアについて説明します。 日常生活で様々な動きをしますね。みなさんが無意識にとっているその姿勢は何年もの長い年月の中で体にクセとして残った状態でどちらかに傾いてしまいます。 例えば、猫背ぎみの方は前屈のポーズが苦手な傾向にあります。その原因として、背骨が丸く湾曲した状態を体が「楽な姿勢」と認識して日常的にとっているからです。 本来の背骨の自然なS字カーブよりバランスが悪い状態を保つことでクセとして残ってしまうのです。 それと同様なことが体の様々な場所で起こります。このバランスが悪くなった状態を、なるべく中心のバランスのとれた状態から離れてしまわないようにする力を、体のコアと言います。 ヨガの気のコアとは? 体だけでなく、エネルギーを循環させる呼吸も、バランスを崩しどちらかに傾いてしまうことがあります。 あなたが普段の生活の中で無意識に行う呼吸。それはヨガにおいては体と心をつなげる橋のようなイメージです。 たとえば、気が左側に傾けば月のエネルギー、右側に傾けば太陽のエネルギーが強くなります。 その気の傾きを、できるだけどちらかだけに偏らないように中心に取り戻す力を、気のコアと言います。 月と太陽のエネルギーについてはまた別の機会にお話しますね。 ヨガの心のコアとは? もうひとつが、心のコアです。 たとえば、私たちのだれもが幸せが欲しい、不幸から逃げたいと願います。 またこの人が好き、この人が嫌い、という風に心が偏ります。 それは、心のブレです。 ブレてしまった心をどちらにも傾かない状態=中心に取り戻す力を、心のコアと言います。 …

ヨガってなに?心も体も軽くなろう

今日のテーマ ヨガってなに?心も体も軽くなろう ヨガとは、”軽くなる道”です。 私たちは生きていくうちに、いろんなことを学んだり、習ったり、気付いたり、経験したりします。 それにより、気付かないうちにいろんなものを背負ってしまって、いつのまにか、その背負っているものが自分自身だと思い込んでしまうのです。 それは生きる中で、自分を重くなることに繋がってしまいます。 ヨガの道とは、その背負ってしまったものに気付いて、どんどん手放してゆき、心と体で軽さを感じていくための道なのです。 体で軽さを感じていくための方法のひとつが、”アーサナ”です。 ヨガのクラスの中で、いろんな方向に体を動かして、いろんな形をとっていく・・・そのひとつひとつのポーズが、アーサナと呼ばれます。 普段の生活の中でいろんな作業、姿勢、動きをすることによって、私たちの体がいろんなものを学んでしまっていることがあります。 それは気付かないうちに体のクセになってしまいます。 そのクセから、自分の本来の体を取り戻して、軽さを感じるためにアーサナがあるのです。 今の自分に必要な、ぴったりのアーサナを選んで行うことによって、体からクセを取り除いて、キレイに洗い流すことができます。 体を新鮮な状態に、軽くしてゆくこと、それがアーサナの目的です。

太陽礼拝の2つのメリットとは?

今日のテーマ 太陽礼拝の2つのメリットとは? 太陽礼拝とは、surya namaskara(スーリヤナマスカーラ)の日本語訳です。 7つのアーサナと呼吸とを合わせた動きを”太陽礼拝”と呼んでいます。 太陽礼拝を毎朝することによるメリットは大きく2つあります。 1 体の前後のクセをとることができること 私たちの日常生活では、前後に体を動かすことが多く、体にクセがつきやすくなってしまいます。 太陽礼拝の一連の流れによって、この体のクセを取り除き、バランスのとれた中心の状態に整えることができるのです。 2 体の中に太陽のエネルギーを強くすること 太陽のエネルギーは、私たちが元気で生活するために必要なものです。 太陽礼拝をして太陽のエネルギーを増やすことで、1日を元気に過ごすことができます。