Category: おうちdeヨガ

太陽礼拝 山のポーズ タダーサナ

今日のテーマ 太陽礼拝 山のポーズ タダーサナ 太陽礼拝は、いくつかの決まったポーズから成っています。 ひとつひとつのアーサナには太陽神が宿り、祈りのマントラがあり、効果や意味があります。 ただ見よう見まねで体を動かすのではなく、体─呼吸─心 の繋がりを感じながら、ひとつひとつのアーサナを丁寧に行っていくことが大切です。 タダーサナ(Tadasana) 【マントラ】Om Mitraya Namaha ミットラーヤナマハ Salutations to the friend of all. 意味: 全てのものを親愛する者「ミットラ=友達」へ捧げる。太陽がみんなを守ってくれている。この世の全ての友、みんなに、太陽に合掌。 太陽礼拝 タダーサナってどんなアーサナ? 太陽礼拝の基本ポーズであり、アーサナと言われているのがこのタダーサナ(Tadasana)。 タダーサナは英語表記でMountain pose、山のポーズと呼ばれる通り、ポーズです。 ただ立っているだけに見えますが、このアーサナをするだけでなのです。 ひとつの小さな歪みが体全体のバランスを崩し、クセとして定着することを防ぐために、タダーサナのです。 太陽礼拝 …

太陽礼拝上達のコツ 坐骨に注目! 正しい前屈と後屈

今日のテーマ 太陽礼拝上達のコツ 坐骨に注目! 正しい前屈と後屈 今日は正しい前屈と後屈について説明していきます。 ヨガをしていると、前屈や後屈の動きがたくさんありますよね。 太陽礼拝で前屈と後屈をする時に意識してほしいポイント 太陽礼拝の前屈と後屈のポイントは実は 坐骨とは、おしりの左右にある、地面に座った時にゴリゴリと当たる2つの骨のことです。 この坐骨をどう動かして行くのかというと、です。 ということです。 ということです。 また、お尻の骨から膝裏へと繋がっている太もも裏の筋肉がありますが、坐骨を上げるとこの筋肉は引っ張られて伸びます。 坐骨を下げるとこの太もも裏の筋肉は縮みます。 つまり、 坐骨を上げる=坐骨と膝裏の距離が遠くなる 坐骨を下げる=坐骨と膝裏の距離が近くなる と言えますね。 このことを理解したうえで、前屈と後屈をやってみましょう。 太陽礼拝では坐骨を意識して前屈をやってみよう! 前屈をする時は、が大切です。 間違えやすい例として、坐骨を下げたまま上半身だけで前屈をしようとすると、腰から曲がってしまって背骨を痛める原因となってしまいます。 坐骨を上げて、坐骨と膝裏との距離を離そうとすることで、、正しい前屈の効果を得ることができます。 太陽礼拝では坐骨を意識して後屈をやってみよう! 後屈をする時は、が大切です。 間違えやすい例として、坐骨を上げたまま後屈をすると、背骨に負担がかかり、体重を安全に支えることができなくなってしまいます。 坐骨をしっかりと下げて、いきましょう。 正しい前屈と後屈のポイントを理解して、よりアーサナの効果を感じていきましょう!

太陽礼拝のコツ 足首をまっすぐでキープしよう!

今日のテーマ 太陽礼拝のコツ 足首をまっすぐでキープしよう! 今日は、ヨガをする時に意識したい、足首のコアについて説明していきます。 足首のコアってなんだろう? “足首のコア”とは、のことを言います。 私たちは無意識に、足首を内側や外側に落として立っていることがあります。 足首を、外側や内側に倒さずに、まっすぐキープしたままで体を動かしていくことで、足首のコアを鍛えていくことができます。 太陽礼拝の足首のクセに気付くトレーニング それでは最初に、足首のクセに気付くためのトレーニングをやってみましょう! みなさんも、立って一緒にやってみてくださいね。 使うもの:ブリック(なければ、バスタオルなどを丸めたもので代用) それではまず、足をおしり幅で開いていきましょう。 ブリック(なければバスタオルなどを丸めたもの)を太ももの間に挟んでいきましょう。 こうすることで、下半身をしっかり固定することができます。 そのままで、体を左右にゆっくりねじっていきましょう。 足首を意識せずにこの動きを行うと、足首が左右に落ちてしまいますね。 足首を使って体をねじってしまうことで、股関節が正しく動かせず、動きが小さくなってしまいます。 そして股関節の柔軟性がなくなってしまうと、それ以上に足首で無理に動こうとしてしまい、足首を痛める原因になってしまいます。 足首をロックできないと、ポーズを深めていくことができないのです。 太陽礼拝で足首をロックするためには? 足首をしっかりとロックするためには、体重を足裏でコントロールすることが大切になります。 みなさんもやってみましょう! そのまま、足首をまっすぐキープしたままで、もう一度ゆっくりと体を左右にねじってみましょう。 どうでしょうか? 足首のコアを感じられたと思います。 少しずつ、こうして足首のコアを感じて、鍛えていきましょう! 太陽礼拝のアーチバックをやってみよう! それでは、足首のコアを意識してアーチバックを練習してみましょう! …

太陽礼拝のコツ 足裏4点のバランスのとり方

今日のテーマ 太陽礼拝のコツ 足裏4点のバランスのとり方 今回は、ヨガをする時に意識したい、足裏の感じ方について説明していきます。 私たちの体を支えてくれている足の裏。普段、なかなか意識することが少ないのではないでしょうか。 みなさんも一緒に立って足の裏を感じてみましょう 右足、左足、つま先、かかと、内側、外側・・・ どこに1番自分の体重が感じられましたか? 丁寧に、感じていきましょう。 太陽礼拝で足裏のポイントは4点あります 親指の付け根 小指の付け根 かかとの内側 かかとの外側 内側だけ、外側だけ、または前側だけ、後ろ側だけ。 どちらかだけに傾いても、正しくありません。 この足裏のバランスは、ことに気付いていましたか? みなさんも、一緒に立ってやってみましょう! 太陽礼拝で後屈する時の足裏のバランスは? たとえば、なります。 この時、足裏のバランスは、外側、つまりなっていきます。 このバランスを整えるために、力を入れようと意識してみましょう。 足裏のバランスが整って、無理のない安全な後屈ができるようになります。 太陽礼拝で前屈する時の足裏のバランスは? たとえば、前屈をする時は、先程とは反対に、のです。 この時、足裏のバランスは、内側、つまりなっていきます。 このバランスを整えるために、今度はのところに力を入れようと意識してみましょう。 この足裏の使い方をマスターすることで、立っている時の体のバランスが整ってゆくのです。

太陽礼拝のアーサナをして心を強くしよう

今日のテーマ 太陽礼拝のアーサナをして心を強くしよう 今日はアーサナと心の結びつきについて説明したいと思います。 一般的に、みなさんがヨガのスタジオで習うポーズのことをアーサナと呼ぶことが多いでしょう。 アーサナ(आसन, āsana)とはサンスクリット語での本来の意味は「止まる」ということ それは「努力せず、無理をせず、自然な状態で静かに安定していること。」この状態を手に入れるには身体の安定だけではなく、心にも安定した静けさが必要です。どんな感情も持たずに心を動かさない。それがヨガの目指すところです。 ヨガではなぜ無理をせずに止まることが大切なの? 私たちは、ヨガを通して色々なことに気付いていくことができます。 体のこと、呼吸のこと、心のこと・・・ひとつひとつの気付きをどんどん深めて、さらに次の気付きの土台としていくことができるのです。   たとえば、道端に咲いていたキレイな花を見つけたとしましょう。 「あ、あの花がキレイだね」 そこで歩いていた足を止め、一瞬でも立ち止まってゆっくり観察することができたなら、あなたはその花の美しさを知ることができます。その立ち止まる時間が少しでも長くなれば、パッと一瞬見るだけよりも、形、色、香りなどさまざまなことに気付くことができるでしょう。   同様に、私たちが”生きる”ということに気付くためには、ちょっとだけ止まることが必要です。「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ…」そんな忙しい毎日の中で、一度、止まってみましょう。「止まる」ということから動いていては見えなかった「生きる」 ということに初めて気付くことができるのです。 ヨガで心も身体も「止める」ことからたくさんの発見を たとえその気付いたことが、不幸なことであっても、幸せなことであっても、嬉しいことであっても、嫌なことであっても、そのすべてが「生きる」ということです。心が落ち着いた状態で何の偏見や固定概念も持たずにただ止まり、どんなことでもひとつひとつ気付いていくことが、アーサナを練習するひとつの目的です。 ヨガのポーズにたくさんのアーサナがあるのはなぜ? ヨガの中には○○アーサナという「アーサナ」が名前につくたくさんのポーズがあります。なぜアーサナはいろいろな形をとっているのでしょうか?   ヒトの身体は一本の長い背骨(脊柱)につながる骨に内臓が守られ、沢山の筋肉や腱が動きをサポートしています。いわば背骨はヒトの大黒柱とも言えるでしょう。 その長い背骨は重力の影響で、またあなたが常日頃無意識にとっている姿勢の影響で自然なS字カーブから崩れ、前後にもしくは左右にアンバランスな状態になってしまっています。自分の背骨がどのような状況なのか、まずそのクセを知ることが大切です。そしてあなたのクセの状況に最も必要なアーサナを選んで、そのポーズを繰り返し練習していくことで、少しずつ、長い時間止まることができる身体を作っていくことができます。 ヨガをするときはあなたのクセにあった方法を選ぼう たとえば、 反り腰のクセがある方は: 前屈をする時に少しだけおへそに力を入れることを意識してみましょう。 意識しておへそに力を入れられるようになっていくと、長い時間立っていても腰を反らせることなく背骨をまっすぐキープすることができるようちなります。 …