Category: おうちdeヨガ

太陽礼拝 立ち位の前屈 ウッターナアーサナ

今日のテーマ 太陽礼拝 立ち位の前屈 ウッターナアーサナ 太陽礼拝は、いくつかの決まったポーズから成っています。 ひとつひとつのアーサナには太陽神が宿り、祈りのマントラがあり、効果や意味があります。 ただ見よう見まねで体を動かすのではなく、体─呼吸─心 の繋がりを感じながら、ひとつひとつのアーサナを丁寧に行っていくことが大切です。 ウッターナアーサナ(Uttanasana) 【マントラ】Om Suryya Namaha スーリャーヤナマハ Salutations to he who induces actibity. 意味: 全てのものを動かす目覚めさせる者「スーリャ」へ捧げる。全ての行動の始まりをさせる。 太陽礼拝 ウッターナアーサナってどんなアーサナ? 太陽礼拝に組み込まれているウッターナアーサナ。 前屈というと、柔軟性が必要そう…と苦手意識を持ってしまったり、です。 参考:【太陽礼拝上達のコツ☆坐骨に注目!正しい前屈と後屈】こちらの動画でもお話している通り、ことができると思います。 一緒に前屈のコツをおさえて、ウッターナアーサナをマスターしましょう! 太陽礼拝 ウッターナアーサナの間違いやすい例 …

太陽礼拝 アーチバック ウールドヴァハスタアーサナ

今日のテーマ 太陽礼拝 アーチバック ウールドヴァハスタアーサナ 太陽礼拝は、いくつかの決まったポーズから成っています。 ひとつひとつのアーサナには太陽神が宿り、祈りのマントラがあり、効果や意味があります。 ただ見よう見まねで体を動かすのではなく、体─呼吸─心 の繋がりを感じながら、ひとつひとつのアーサナを丁寧に行っていくことが大切です。 ウールドヴァハスタアーサナ(Urdhva Hastasana) 【マントラ】Om Ravaye Namaha ラヴァイェーナマハ Salutations to the shining one. 意味: 全ての賞賛される者「ラヴィ」へ捧げる。輝く太陽からパワーをもらえるように、手を高く上げ、太陽に届くように。 太陽礼拝 ウールドヴァハスタアーサナってどんなアーサナ? タダーサナをベースに、胸を引き上げて両手を高く伸ばすポーズです。 このポーズは、にも繋がります。 しかし、後屈のポーズは動きです。 後ろへ反ろうとして、伸ばしている両手や上半身に意識が向きがちですが、なのです。 太陽礼拝 ウールドヴァハスタアーサナの間違いやすい例 …

太陽礼拝 山のポーズ タダーサナ

今日のテーマ 太陽礼拝 山のポーズ タダーサナ 太陽礼拝は、いくつかの決まったポーズから成っています。 ひとつひとつのアーサナには太陽神が宿り、祈りのマントラがあり、効果や意味があります。 ただ見よう見まねで体を動かすのではなく、体─呼吸─心 の繋がりを感じながら、ひとつひとつのアーサナを丁寧に行っていくことが大切です。 タダーサナ(Tadasana) 【マントラ】Om Mitraya Namaha ミットラーヤナマハ Salutations to the friend of all. 意味: 全てのものを親愛する者「ミットラ=友達」へ捧げる。太陽がみんなを守ってくれている。この世の全ての友、みんなに、太陽に合掌。 太陽礼拝 タダーサナってどんなアーサナ? 太陽礼拝の基本ポーズであり、アーサナと言われているのがこのタダーサナ(Tadasana)。 タダーサナは英語表記でMountain pose、山のポーズと呼ばれる通り、ポーズです。 ただ立っているだけに見えますが、このアーサナをするだけでなのです。 ひとつの小さな歪みが体全体のバランスを崩し、クセとして定着することを防ぐために、タダーサナのです。 太陽礼拝 …

太陽礼拝上達のコツ 坐骨に注目! 正しい前屈と後屈

今日のテーマ 太陽礼拝上達のコツ 坐骨に注目! 正しい前屈と後屈 今日は正しい前屈と後屈について説明していきます。 ヨガをしていると、前屈や後屈の動きがたくさんありますよね。 太陽礼拝で前屈と後屈をする時に意識してほしいポイント 太陽礼拝の前屈と後屈のポイントは実は 坐骨とは、おしりの左右にある、地面に座った時にゴリゴリと当たる2つの骨のことです。 この坐骨をどう動かして行くのかというと、です。 ということです。 ということです。 また、お尻の骨から膝裏へと繋がっている太もも裏の筋肉がありますが、坐骨を上げるとこの筋肉は引っ張られて伸びます。 坐骨を下げるとこの太もも裏の筋肉は縮みます。 つまり、 坐骨を上げる=坐骨と膝裏の距離が遠くなる 坐骨を下げる=坐骨と膝裏の距離が近くなる と言えますね。 このことを理解したうえで、前屈と後屈をやってみましょう。 太陽礼拝では坐骨を意識して前屈をやってみよう! 前屈をする時は、が大切です。 間違えやすい例として、坐骨を下げたまま上半身だけで前屈をしようとすると、腰から曲がってしまって背骨を痛める原因となってしまいます。 坐骨を上げて、坐骨と膝裏との距離を離そうとすることで、、正しい前屈の効果を得ることができます。 太陽礼拝では坐骨を意識して後屈をやってみよう! 後屈をする時は、が大切です。 間違えやすい例として、坐骨を上げたまま後屈をすると、背骨に負担がかかり、体重を安全に支えることができなくなってしまいます。 坐骨をしっかりと下げて、いきましょう。 正しい前屈と後屈のポイントを理解して、よりアーサナの効果を感じていきましょう!

太陽礼拝のコツ 足首をまっすぐでキープしよう!

今日のテーマ 太陽礼拝のコツ 足首をまっすぐでキープしよう! 今日は、ヨガをする時に意識したい、足首のコアについて説明していきます。 足首のコアってなんだろう? “足首のコア”とは、のことを言います。 私たちは無意識に、足首を内側や外側に落として立っていることがあります。 足首を、外側や内側に倒さずに、まっすぐキープしたままで体を動かしていくことで、足首のコアを鍛えていくことができます。 太陽礼拝の足首のクセに気付くトレーニング それでは最初に、足首のクセに気付くためのトレーニングをやってみましょう! みなさんも、立って一緒にやってみてくださいね。 使うもの:ブリック(なければ、バスタオルなどを丸めたもので代用) それではまず、足をおしり幅で開いていきましょう。 ブリック(なければバスタオルなどを丸めたもの)を太ももの間に挟んでいきましょう。 こうすることで、下半身をしっかり固定することができます。 そのままで、体を左右にゆっくりねじっていきましょう。 足首を意識せずにこの動きを行うと、足首が左右に落ちてしまいますね。 足首を使って体をねじってしまうことで、股関節が正しく動かせず、動きが小さくなってしまいます。 そして股関節の柔軟性がなくなってしまうと、それ以上に足首で無理に動こうとしてしまい、足首を痛める原因になってしまいます。 足首をロックできないと、ポーズを深めていくことができないのです。 太陽礼拝で足首をロックするためには? 足首をしっかりとロックするためには、体重を足裏でコントロールすることが大切になります。 みなさんもやってみましょう! そのまま、足首をまっすぐキープしたままで、もう一度ゆっくりと体を左右にねじってみましょう。 どうでしょうか? 足首のコアを感じられたと思います。 少しずつ、こうして足首のコアを感じて、鍛えていきましょう! 太陽礼拝のアーチバックをやってみよう! それでは、足首のコアを意識してアーチバックを練習してみましょう! …